辻田歯科医院

寿命の話


DR.辻田の非常識な健康法則     Vol.10
 
 図は平成17年7月23日の愛媛新聞の記事です。

20080424084638.JPG


 平均寿命は女性が85.59歳。男性が78.64歳です。

 あなたは平均寿命まで生きられますか。

 多くの人が平均寿命まで生きられると考えており、それを元に人生設計をしています。今の平均寿命を上げているのは現在の老人達です。見かけ上は平均寿命が長く見えていて、これからも伸びていくような感じですが、私の考えでは20年後には平均寿命は短くなっていくと思います。

 長生きの条件を考えるに当たって、「41歳寿命説」という本に長寿村と短命村の考え方があるので後述します。

      
        長寿村の条件は・・・

          /紂Χ気の質がよい。
          気候がやや厳しい。
          O働がややきつい。
          ぅ好肇譽垢少ない。
  ヂ膺ができない。(摂取カロリーが
                  少ない)
θ食ができない。(摂取タンパク質が少ない)
        野菜の摂取量が多い。



 戦前の日本の生活習慣は長寿村の条件に一致していました。水は井戸水できれいで、車もほとんど走っていないので空気もきれいな状態です。
 大食ができず、小食で、肥満などはほとんどなく、生活習慣病などはほとんどありませんでした。肉を食べることがほとんどなく、米、芋、麦など穀物や野菜が主食です。肉は食べたくても食べられず、ごちそうでした。

 現代の日本では水は水道水で塩素やトリハロメタンなど有害な物質が含まれている。車も多く走り、決してきれいとはいえない状況です。仕事ではストレスにさらされて、好きなときに好きなだけたっぷりと食べられる環境。肉も食べ放題。野菜や果物をとることが少なくなり、野菜嫌いの子供も増えてきている状態です。


 現代の状態は、長寿村の正反対の条件になっています。現代は短命村に住んでいるのです。

 日本の平均寿命が長いのは今の老人達が生きているからです。そして、老人達は戦前、戦後の長寿村の環境で生まれて育ってきた人々なのです。今の老人達はそういったわけで長寿であり、強い人たちです。

 現在の若者達は短命村の環境で育っています。それが原因で子供の生活習慣病なども問題となっています。今の子供達が今の平均寿命まで生きられるでしょうか。おそらく平均寿命まで生きて老衰で死亡するよりも、生活習慣病で突然死する可能性が大きいと思います。

 長生きするにはできるだけ長寿村の環境を実現すること。つまり、飲用する水も選び、大食せず、肉食を控えて野菜や果物をしっかりと食べることです。そして、仕事ではストレスを溜めないようにすることです。



参考文献 41歳寿命説 死神が快楽社会を抱きしめだした 西丸 震哉

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

川上医学と川下医学


DR.辻田の非常識な健康法則      Vol.9


 今回は川上医学と川下医学について話しましょう。それを話す前に全身的な血液の流れについて話しておきましょう。

20080422230102.JPG

 胃や腸などの消化管で吸収された栄養素は門脈という血管に集められて肝臓に行きます。そこで悪いものは解毒され下大静脈に送られて心臓に行き、肺などを経由して全身に送られていきます。

 薬なども同じような吸収の経路をたどります。薬は、肝臓で解毒されるために作用は弱くなります。静脈注射や座薬などは、肝臓を経由せずに全身に薬が回るために効き目が強くなるのはそのためです。肝臓が体を守る作用をしています。

 食事に問題があれば肝臓に負担がかかり、脂肪肝やアルコール性肝炎などの症状が出てきます。

 次に川上・川下医学について考えてみましょう。

20080422230116.JPG

 現代医学は川下医学といわれています。前回腸内異常発酵について話をしましたが、消化管で硫化水素やアンモニア、インドール、スカトール、ニトロソアミンなどの有害物質も栄養素と同じように吸収されます。そして、門脈を通して肝臓に行き、そこで解毒されるために全身に対する影響は少なくてすんでいます。ただ、肝臓に負担がかかりすぎると肝臓では処理できなくなってきます。すると全身に有害物質が回るようになります。

 その結果、血管に問題が出てくると高血圧や脳梗塞、心臓病などが起こってきますし、膵臓に問題が起こってくると糖尿病が起こってきます。関節に尿酸がたまってくると痛風が起こります。

 病気の発生は川の流れに似ています。

 川の上流で工場排水が排出されて川が汚れてしまっては川下でいくら掃除しても川はきれいになりません。いくら汚れをとってもどんどん汚れが流れてくるのだからきれいにならないです。きれいにしようと思えば工場排水が流れてくるのを防がなければいけません。

 現代の医学は川下で汚れを取っている対処療法に過ぎないのです。胃腸で汚れが生産され全身に汚れが流れていくのに、それを治さずに悪くなったところだけ薬で治しているのです。

 あなたの治療は川上医学ですか?それとも川下医学ですか?

本当に体をよくしたければどっちがいいかは明白です。



参考文献 ガンは「水素豊富水」で克服できる! 林 秀光著

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

活性水素

 
DR.辻田の非常識な健康法則          Vol.8


 腸内異常発酵が血液を汚し、血液の汚れがあらゆる病気の原因となります。では、腸内異常発酵を食い止める方法は他にあるのでしょうか。

 食生活も大事ですが、飲料水にも食い止める物がありました。腸内異常発酵が起こるとどうして体に問題が起こるかといえば、体内で活性酸素が発生するためです。活性酸素はあらゆる細胞を攻撃して細胞を老化させていきます。この活性酸素を除去することが健康への道です。
20080420221912.JPG


 活性酸素の発生要因はいろいろありますが90%近くが腸内異常発酵によるものです。我々は呼吸によって空気中から酸素を取り入れてます。酸素は私たちが生きていくために欠かせない大切なモノです。ところがこの酸素、ちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変身します。そして、この活性酸素こそが、さまざまな老化現象を起こす真犯人ではないかと考えられています。

「活性」という言葉の響きからは、何やら私たちの体のために活発に働いてくれるお利口モノの酸素のようなイメージがあるが、その正体は非常に攻撃的で毒性の強いクセモノです。

 活性酸素は“体内公害”です。
 
原子核のまわりの電子が2コでペアになっているのが、いわゆる安定した状態です。そこで、不対電子をもった不安定な活性酸素は、何とかして自分は安定しようと悪さを考え、あたりかまわず近くの分子から電子を奪い取ってきてしまう。これが「酸化させる」(サビさせる)ということです。

こんな具合に体内の細胞を酸化させ、細胞の正常な働きを失わせ、その結果、老化やいろいろな病気を引き起こします。シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなるといわれています。

  体内には活性酸素を追い出す勇士もいます。

身の回りにこんなに活性酸素の発生源があったのでは、まったく遠ざけろというほうが無理です。では、体の酸化はどうすることもできないのでしょうか。
 
 人間の体というものは実によくできたもので、「酸化防止システム」もちゃんと備わっています。酵素、たんぱく質、ビタミンなど様々な“サビ止め”が待機していて、活性酸素が発生したらたちまちこれを消してしまうという仕組みです。

しかしこのありがたいシステムにも限界はあり、大量の活性酸素が発生した時はカバーしきれない。さらに40歳を過ぎるとシステムもだんだん老朽化し、活性酸素に抵抗できなくなってきます。

老化を防ぐためには、できるだけ活性酸素を発生させないような生活の工夫と、酸化防止システムの強化(サビ止め=抗酸化物質が体内でたくさんつくられるような食生活をする)ことが大切です。
 



 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

食べ方

                         

DR.辻田の非常識な健康法則          Vol.7
 
 腸内異常発酵を起こさないようにするにはどのようにすればいいか。それは正しい食生活をすることです。

    Fit For Lifeの考えでは食事は野菜や果物を主体としてプラス炭水化物かタンパク質のどちらか1品だけ食べるというのが原則です。それに従えばハンバーガーや寿司を食べられなくなります。健康によほど問題が出ていて切羽詰まっているのならこの方法は一番いいと言えますが、食事のデパートリーがかなり制限されるところに問題あります。

 基本的には正しいのですが、私は別の考え方を取り入れました。私は消化のしにくいものを食べないことに力を入れています。
20080419114317.JPG


 消化のしやすさをみると、果物や野菜は一番で、これは食べ放題です。猿の食生活がまさにその通りです。お米も食べますし、木の実なども食べます。

 刺身なども生なので酵素がたくさん含まれていて体にとってはいいです。

 基本的に肉類は消化に負担がかかります。人間に近い種族ほど体には悪い傾向にあります。牛や豚よりはまだ鳥の方が鳥類なのでいいですし、魚は魚類なのでよりいいです。


 焼くという行為ですが、焼くとタンパク質が変性してしまうために消化しにくくなります。焼き肉が一番消化に負担がかかります。


 いろいろなものを一緒に食事する場合、一番消化しにくいものが基準になります。たとえば焼き肉とご飯では焼き肉の消化に負担がかかり、胃にずっと残ります。そのあいだ、ご飯も消化されないので一緒に胃の中で腐っていきます。消化に負担がかかって胃の中で腐っていくというのは腐ったものを食べているのと同じです。

「腐る(くさる)」という字は中に肉が入っています。肉を食べると腐るのです。昔の人は感覚で知っていたのです。

 できるだけ消化に負担がかかりにくい組み合わせで食事をしましょう。

 Fit For Lifeについてもっと知りたい方は「ライフスタイル革命」「ナチュラルダイエット」「成功の9ステップ」を読んでください。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

腸内異常発酵

 
                         DR.辻田の非常識な健康法則  Vol.6

 血液の汚れは排泄が不十分なために起こります。腸内異常発酵について話したいと思います。
あなたのうんちはくさいですか。臭いがするのは当たり前だと思っていたら間違いです。臭いがするのは腸内で食べ物が腐っているために起こるのです。この世の中で人間の便ほど臭うものはないのです。
20080418114545.JPG

 食事の消化についてさらに考えてみましょう。タンパク質は胃液で消化されます。胃液は酸性です。炭水化物は酵素で消化されます。酵素はアルカリ性です。酸性とアルカリ性が一緒になると中性になるのです。つまり、タンパク質と炭水化物を一緒にとると中性になって両方消化できないのです。

 消化できない食物はどうなっていくでしょうか。37℃の体温で5〜6時間温められて体内に常在菌がいっぱいいますから次第に腐っていくのです

 腐っていくとニトロソアミン、インドール、アンモニアなど有害物質が作られるます。それが便の臭いとなり、おならの臭いとなります。そういった有害物質が腸内でとどまっていれば問題ないのですが、実は体内に吸収されてしまうのです。末期のガン患者などは体中に有害物質がいっぱいになり体臭として臭いがしてきます。病室に行ったらすごい臭いがするのはそれが原因です。

 便の臭いがしているけれど、全然体は悪くないと思っている人は多くいます。どのような問題が起こっているのでしょうか。

 年をとったら何かしら病気持ちになっていることが多いですが、これは便の弊害です。糖尿病や高血圧になっていても年だから仕方ないと思っている人が多くいるのです。野生の動物の間では感染症はあるにしても生活習慣病などはないのです。腸内異常発酵により体がむしばまれているのです。人間の平均寿命は80歳ぐらいですが、正しい食生活をすれば120歳になるといわれています。

 正しい食生活をすれば腸内異常発酵は無くなります。すると便の臭いが無くなります。そして健康になれるのです。便が臭うのは不健康の兆候の一つといえます。健康を判断するのに便はすごく有効です。

参考文献 ライフスタイル革命 ハーヴィー・ダイアモンド マリリン・ダイアモンド著

        成功の9ステップ ジェームズ・スキナー著
             ガンは「水素豊富水」で克服できる  林 秀光 著

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

血液の話


                         DR.辻田の非常識な健康法則      Vol.5
 

 今回は血液の話をしたいと思います。
20080416223913.JPG


 すべての病気の原因は血液の汚れにあります。食事をして腸で栄養が吸収されると血管を通して全身に送られていきます。そして血管からリンパ液を通して細胞に栄養が送られます。そして、細胞から排泄物がでると、リンパ液にいきます。そして血管やリンパ管を通して排泄されるようになります。

この排泄がうまく行われなければ細胞の周りのリンパ液は汚れた状態になり、細胞は汚れた液の中から栄養を取り入れる形になるためうまく吸収できなくなります。

排泄をよくするにはリンパ液の流れも良くしなければいけません。血管には心臓がつながっていて流れができますが、リンパ管には流れを作るものがないです。流れを作るには日頃の運動でリンパ管の周囲の筋肉を鍛えることで良くなります。流れが悪く、リンパ液が汚れた状態は悪質液と呼ばれ、ガン患者では多くみられる症状です。



 体にいいものをとるのはプラスの栄養学といわれます。排泄を促進するのはマイナスの栄養学といわれます。残念なことに、現代の医学ではプラスの栄養学が重視されていて排泄のことを無視されています。体の中に悪いものがたくさんあっては健康にはなれないのです。


 体の中から悪いものを出すにはどうすればいいか。それは


‖里砲箸辰動いものをとらない。

体の排泄する力を妨げるような食生活をしない。(vol.3を参考にしてください。)

水をたくさん飲む。

 あなたは1日にどれくらいの水を飲んでいますか。500ml?、1リットル?それでは全く足りていないのです。体は3リットル、4リットルと水を必要としています。体の中の毒物を薄めるのは水しかないのです。

 川の流れを思い浮かべてみてください。水の量が少ないときはゴミもたまって、雑草も生えて、どぶ川のようになってきます。水量が多くて激しく流れているときには汚れも洗い流されて水もきれいです。体の中でも同じことが起こっています。水が少ないと体内で汚れがよどんでいるのです。水の不足はのどの渇きを当てにすることはできません。頑張っていい水を飲むようにしてください。飲むといっても水道水ではダメです。
 飲めない水をあそこまで飲めるものに変えたことはすごいことですが、塩素やトリハロメタンなど有害物質が含まれています。水道水で金魚は生きていけません。そんな水が本当に人間にとっていい水でしょうか。水も選んで飲むべきです。水の種類については後日の話します。


参考文献 「成功の9ステップ」  ジェームス・スキナー著

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

薬では健康になれない。


DR.辻田の非常識な健康法則 Vol.4


  食生活を変えると信じられないくらいエネルギーが得られます。エネルギーが残るようになると運動できるようになります。運動をすれば毛細血管が増えてより先端まで血液が行き着くようになります。そして、全身の新陳代謝が活発になりより健康になれます。

 ここで、現代の医学について考えてみましょう。現代の医学では病気の原因を見つけて、平均値からはずれていたら薬で治療するのが普通です。さて、それは本当に正しいのでしょうか。

 体はどんなときでも健康になろうとしています。どんなときでも怪我をすれば傷ができ、かさぶたができて傷が治っていくでしょう。正しい食生活をすれば体は自分で治そうとするのです。それが炎症反応です。熱が出る、腫れる、痛むなど、症状が起こったとき、西洋医学では薬で症状を抑えようとします。しかし症状を抑えただけでは逆に症状は悪くなっていくのです。

 例えば、高血圧を例にとってみましょう。高血圧は悪い生活習慣により血管にコレステロールなどが詰まって細く固くなり(動脈硬化)、末端に血液が届きにくくなるために血圧が高くなる病気です。体は末端に血液を送るために仕方なく血圧を高くしているのです。血圧が高いからと言って血圧を下げる薬を飲んでいたら末端に血液が届かなくなってしまいます。それが原因で末梢に問題が出てきます。

 末梢に血液が行かないから手先が冷えたり、それが原因で感染症にかかりやすくなったりいろいろと問題が出てきます。

 本当に高血圧を治そうと思えば血管の中を掃除することと、毛細血管を増やして末端に血液を行くように運動することが必要です。ただ、その方法を知っている医師がほとんどいないのが現状です。

医師は病気の専門家
です。健康については知らないのです。本当に健康になろうと思えば健康の専門家から学ばなければ治りません。

 「太った内科医は詐欺師だ」と私は思っています。だってそうでしょう。その内科医は生活習慣病の患者に食事制限と運動を指示しますが、自分が出来ないことを指導しているのですから。
 健康の専門家はなかなかいません。健康の専門家は日常の生活で普通に生活をして、普通にその方法を獲得しているのです。

 スチュー・ミッテルマンという人がいます。彼は11日間で1580kmを走った人で、ギネスブックにも載っています。その距離は1日フルマラソン3回、それを11日間連続で行ったことになります。彼は普通の人とは違う食生活をし、違う運動をしているためにそういったことが出来たのです。彼の食生活をまねして、運動の方法をまねすれば、我々にもフルマラソンとはいかなくても今以上のエネルギッシュな生活が可能ではないでしょうか。

 私が伝えたいのはその食生活と運動の仕方です。後に運動の仕方についても書いていきたいと思います。


 「くすり」は劇的に効くけれども、逆に読めば「りすく」です。危険も含んでいるのです。ずっと薬を飲み続けても健康にはなれません。ただ、食生活を改善しないでくすりをやめるのも危険です。とりあえず、食生活を改善して状態がある程度改善してからくすりをやめていくのが必要ではないでしょうか。
20080415232304.JPG

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

vol.3


DR.辻田の非常識な健康法則 Vol.3

 今回は食事のタイミングについて話したいと思います。

健康になろうとすれば2つのことが大切です。1つは、毒物をとらない。悪いものをとりながら健康になることは出来ない。もう一つは体の中の悪いものを出すことです

 毒物とはどういったものでしょうか。それは、喫煙や飲酒、食事で言えば食品添加物、肉食などです。肉食については後日詳しく話したいと思いますが、体にとってはかなりの負担になっています。
 あと、体から悪いものを出す方法ですが、体には生理的に排泄が重点に行われる時間があるのです。
 
 サーカディアンリズムというものがあります。20080205010921.JPGこれによると、


午前4時〜正午   排泄のサイクル
正午〜午後8時   摂取のサイクル
午後8時〜午前4時 吸収のサイクル

体のリズムで体の中から効率よく悪いものを出す時間帯は午前中です。
つまり、午前中には消化に負担がかかるような食事はするべきではないのです。
極端な話、朝食は食べなくてもいいのです。



 よく朝食を食べそびれて、昼まで食べなかってもすんなりと過ごせたことがありませんか。昼食は抜きだったら結構夕食まで我慢が必要ではありませんか。
 
それは生体リズムによるものなのです。正午から午後8時までは摂取のサイクルです。ものを食べるのが普通なのです。


よくダイエットで夕食を減らすというのがありますが、それは生体リズムに合っていないので我慢が必要となります。夕食はしっかりと食べなければいけません。出来れば午後8時までに食べるのがいいでしょう。夕食をしっかりと腹一杯に食べれば夜食を食べる必要がなくなってきます。夕食は午後8時から午前4時の間に消化され吸収されてエネルギーとなります。このエネルギーを使って午前4時から正午まで排泄のサイクルで悪いものを体から出すようになります。夕食をしっかりとらないと体から悪いものを出すエネルギーが補給されないのです。

 また、朝食はしっかりと食べてはいけないのです。朝食をしっかりととると、消化にエネルギーをとられてしまい、体の中から悪いものを出すエネルギーがなくなるのです。

 どうしても朝食をとるのであれば果物をとるのがいいでしょう。一番いいのは果物で作ったフレッシュジュースです。果物は体の中では消化されたものとみなされています。実際キュウリを塩酸に漬けても全く反応しません。果物は消化されたものとみなされますから摂取して胃の中に入っても20分ほどで腸に送られていきます。このFit For Lifeの考えでは果物は食べ放題なのです。


 よく学校では朝食は必ずとるように言われますが、食べない子供はよくいます。それは家庭でのコミュニケーションに問題があるのではないのです。食べたくないのです。本来朝食は食べなくてもいいのです。朝食を食べるという習慣のせいで体が勝手に空腹を訴えているのです。本当は必要ないのに。

 健康になろうと思えば我慢をしてはいけません。野生動物は我慢することはありません。それでいて健康です。正しい食生活をしていれば我慢しなくても体は健康になっていくのです。


 簡単にまとめると、健康になるには

…食は食べないか、果物やフレッシュジュースだけにする。

肉は食べない。できれば牛乳や卵も食べない。

この2点を換えるだけでも体にすごいエネルギーが出来てきてエネルギッシュな生活が出来ます。


 


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

Vol.2


DR.辻田の非常識な健康法則 Vol.2



 健康になるためには、まず何をしなければいけないか。それは、健康になることを決断することです。薬漬けで、疲れやすい体から、いつまでも疲れない健康になる、自分を変えるという決断が必要です。「決断」とは、決めて断つと書きます。つまり、これから変わろうと思えばいままでの嫌な自分と、これから変わっていく最高の自分をイメージしてください。

 健康になるためには、運動もしなければいけませんが、多くの不健康な人は、運動しようにも体にエネルギーが残っていないので動けないのです。いきなり運動をしようとしても体が言うことをきかないです。まずしなければいけないことは食生活を変えることです。


 食生活は大事なのですが、多くの人が本当の食生活を知りません。食事には消化の課程が関わってきます。消化にはかなりのエネルギーを使います。食事をするときには消化に負担をかけない食事をすることが必要です。

 現代の栄養学では栄養素が足りないと言うことで1日3食、規則正しく、栄養にも偏りがないようにバランスよく食事をするように指導していますが、実は大きな間違いです。
 私の食生活の理論はアメリカで今広まってきている「Fit For Life」に基づいています。この考えは、人間の本来の生体リズムに基づいて食事をとることを勧めています。生体リズムについては次回書きたいと思います。
 


 ここで少し話を変えます。

 人間の世界ではいろいろな病気が蔓延しています。糖尿病・高血圧・心臓病・脂肪肝・ぜんそく・アトピー・高脂血症などなど、数を上げればきりがないですが、これらの病気は野生の動物の間ではほとんどありません。なぜでしょうか。それは野生動物は本来の食生活をしているからです。人間の食生活は間違っているのです。
 それでは人間の本来の食生活はどんなものでしょうか。人間は猿から進化してきました。つまり、猿の食生活が基本になります。猿は果実動物です。果物をしっかりと食べることが基本となります。猿は肉を食べません。人間は本来は肉食ではないのです。肉を食べなければスタミナがつかないように思われますが、実は逆です。肉を食べないゴリラがスタミナがなくて困っているでしょうか。ゴリラは野菜や果物、穀物だけで、あれだけ隆々な体を作っているのです。
 本当に健康になるためには必ずしも肉が必要というわけではないということです。
 食生活に野菜・果物をもっと取り入れましょう。



 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

診療室の掲示板に掲載していた物です。



DR.辻田の非常識な健康法則
     Vol.1

 


  あなたは「健康」ですか。「健康」ってなんだか分かりますか。多くの人は「病気ではないこと」というと思います。しかし、それは違うのです。「健康とは病気ではない」というのは、「牛は馬ではない」と言っているのと同じです。健康と病気ではないというのはイコールではないのです。
  では、「健康」とは何でしょうか。「健康」とは、「エネルギー」なのです。朝から晩まで、果ては寝る前まで、思いのままに動けるエネルギーを持って、活動することが健康なことなのです。「そんなことを言っても無理だよ。」という声が聞こえそうですが、それは可能なのです。

  人間には無限のエネルギーがあります。それを活用する方法を知らないのです。無限のエネルギーって何でしょう。それは、皆さんのおなかまわりでつかめるもの、そう、脂肪です。脂肪をうまく燃焼できる体を作ればずっと動き回ることが出来るのです。脂肪はすごいエネルギーを持っています。栄養失調で餓死した人を解剖しても3キロ以上の脂肪が残っているそうです。餓死しても残っているということは無限のエネルギー源といってもいいのではないでしょうか。
  それでは、如何にして脂肪を燃やせる体にしていくかですが、大きく分けて3つのことが大切です。

  /生活
  運動
  精神面(ポジティブ思考)


 今後これらのことを連載して皆さんに知らせていきたいと思います。

以前の私を知っている人は多いと思いますが、大変太っていました。100kgを超えていました。現在まだ80kg台ですが、以前とは考えられないくらいのエネルギーを感じています。どんなことを挑戦しても減量できなかった。その苦しみは私もよく知っています。それは、本当のことを知らなかったからです。本当に健康になろうと思えば本当の知識を知らなければ健康にはなれません。世の中、常識と思われていることが多くありますが、実は本当は間違いであることが多いのです。食生活でいえばおそらく90%間違えているでしょう。
本当に健康になりたかったら、この情報を信じてください。このことは、あなたの珠玉の知識となるでしょう。
KEN1.JPG


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています