辻田歯科医院

血液の状態をよくするために


DR.辻田の非常識な健康法則       Vol.30

 血液の状態をよくすればあらゆる病気は治っています。
それではどうすれば血液の状態は良くなるのでしょうか。
20080707092618.JPG


^瀋夏發任良綰圓鯔匹亜

 以前、胃腸内腐敗の話をしました。胃腸で有毒ガスを発生する食事をしていると血液は汚れていきます。
 腐敗させないためには、果物や野菜を中心とした消化によい食事、肉や乳製品などの消化に負担がかかる食事をできるだけ少なくすることが大切です。

体を飢餓状態にする。

 飢餓状態にするといってもなかなか難しいのが今の世の中です。飢餓状態にするのにお勧めなのが半日断食です。半日断食は朝食を食べない食生活です。
 人間はいろいろとエネルギーを使いますが、特に消化のエネルギーは一番使います。朝食を取らないでおくと19時〜12時まで、約17時間、消化の時間も考えると約12時間も胃腸を休めることができます。消化という負担が無くなれば、体はその余ったエネルギーで体を治すように働きます。

 飢餓状態になると、体はいろんなところからエネルギーを作り出そうとします。まず、標的とされるのはガン細胞やばい菌などです。さらには脂肪細胞などが標的とされます。適度な断食は体にとっては良いことなのです。


食事の前に有酸素運動をする。

 食事の前には体は血糖のレベルが下がっており腹が空いてきます。時間が経てば肝臓などでグリコーゲン(デンプンみたいな物)を分解して血糖レベルを上げようとするので腹は空かなくなってきます。
 腹が減っているときに運動をするとどうなるかと言えば血糖を使い尽くして、脂肪を燃やしてエネルギーにしようとするのです。効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。脂肪を燃やしやすい体を作れば、そのエネルギーで免疫力を高めることができます。できれば週に3回、1回あたり20分以上の有酸素運動を続けると脂肪を分解する酵素が増えてくるので、体にエネルギーがあふれてきます。


じシ譴鬚垢襦

 血を抜く治療は瀉血療法といいます。血液が少なくなると体は赤血球を造ろうとします。赤血球はどこからできるかというと骨髄ではなく体中のあらゆる細胞から造られるのです。とくに体内にある悪い細胞は赤血球に分化しようとします。定期的に血を抜くことにより体は健康になりやすくなります。

 最近ではC型肝炎の治療で瀉血療法が注目されているようです。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

プチ断食


DR.辻田の非常識な健康法則     Vol.29
 

 前回、赤血球からいろいろな細胞に分化していくことを話しました。実はその逆もあります。普通の細胞が赤血球に戻っていくのです。
20080626114057.JPG


 あらゆる病気(先天性疾患、突発性の障害を除く)は血液の汚れが原因です。
 朝、昼、夜としっかりと食事を取ることは良いことに思われがちですが、実は栄養の取りすぎです。しっかりと栄養をとることによって栄養が十分に体に吸収されないのです。
 
 すると、どうなるかというと栄養は体の中で過剰な状態になりどろどろの状態になります。すると、老廃物などもしっかりと排出できなくなり、白血球はその老廃物の除去に必死になってしまいます。その結果、本当にやっつけなければいけないばい菌やアレルゲン、ガン細胞などをやっつけることができなくなるのです。そして、免疫力が下がり、病気になりやすくなるのです。

20080626114006.JPG


 あらゆる病気は実は血液を浄化しようとするための体の反応です。ガン細胞は、体の中の悪い物を1つの場所に集めて、他に行かないようにする作用があります。動脈硬化なども、血液を浄化するために血管内皮に悪い物を取り込んで、体に巡らさないようにしているのです。
 あらゆる病気を治すには、血液の状態を良くすることです。血液の状態が良くなれば、悪い細胞も赤血球に変化していくのです


参考文献 石原結實式 プチ断食で病気にならないからだになる!


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

千島理論


DR.辻田の非常識な健康法則    Vol.28

 千島喜久男先生は8つの原理を発表しました。

‖1原理 赤血球分化説(赤血球は全ての細胞の母体である。)
第2原理 赤血球と各種細胞や組織との間の可逆的分化説(栄養状態その他によって血球と各種細胞や組織とは逆戻りの関係がある。)
B3原理 バクテリアやウイルスの自然発生説(親バクテリアや親ウイルスなしでも細胞や組織が死滅し、崩壊するときバクテリアやウイルスが自然発生する。)
ぢ4原理 細胞新生説 (細胞は細胞構造を持たない有機物から新たに生じる)
ヂ5原理 腸造血説 (赤血球は骨髄で造られるのではなく、腸の絨毛で造られる)
β6原理 遺伝学の盲点(遺伝と環境は一体である)
第7原理 進化論の盲点 (進化の最重要な要因は共生である)
ヂ8原理 科学研究の方法論としての心身一如の生命弁証法

特に興味深いのが第1・2・5原理です。

 現在の科学はとにかく単純化、整然さを求めており例えばAとBがあれば完全にAとBに分類します。しかし、自然界にはAからBに変化しつつあるものもあり、完全にAとはいえないBもあり、BとはいえないAもあり、AとBを混ぜた中間的なものもあり得るわけでAとBに分けきれません。

 血球でいえば赤血球、白血球、リンパ球などいろいろありますが、実はどれともいえない中間の形態があるのです。千島理論によれば、赤血球は最終分化した形態ではなく、未熟な存在であり、そして、赤血球からいろいろな細胞に変化するようです。

 組織学ではいろいろな切片を見て判断するのですが、中間の形態は人工産物、失敗した像として無視されます。中間の形態という考えがないため、既成の概念から抜け出すことができないのです。

 千島先生はありとあらゆる切片を観察し、赤血球からいろいろな細胞に分化していくことを突き止めました。しかし、あまりにも突拍子もない考えのため世の中に忙殺されてしまいました。
20080618115040.JPG


 健康な状態では赤血球からいろいろな細胞に分化しています。
赤血球の状態が良ければ肌のつやも良くなっていくし、毛並みも改善していきます。
 赤血球の状態が悪いとはどんな状態でしょうか。赤血球は腸で造られます。従って、腸の状態によって全身の状態が決まってくるのです。便秘の状態であったり、腸の中で食物が腐っている状態では正常な赤血球は造られません。健康になるためにはやはり食事が大切なのです。


 「癌」の考え方も今までの理論と違っています。赤血球が異常な状態になり、血液が汚れてくると赤血球がガン細胞に変化していきます。そして固まりとなっていきます。実際、ガン細胞のまわりには血管が豊富になり、赤血球がたくさん集まっています。癌は悪い物を集積する組織で、ただ単に外科的に除去しても血液が汚れている限りまた癌はできてきます。癌を根本的に治すには血液の状態を治さない限り治らないのです。血液の状態を良くすることは食事を変えること以外にありません。
 「癌」に限らず、多くの病気は血液の汚れに由来しています。健康になるには食事を治さない限り無理ということです。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

赤血球の話


DR.辻田の非常識な健康法則     Vol.27

 「赤血球」って知っていますか。

 一般知識として、次のように知られています。

 赤血球は、血球中最も多く、約96%を占めています。
赤血球は肺より酸素を取り込み、体中の毛細管を通って各組織に酸素を補給します。そのため、弾力性に富み、どのような狭い毛細管でも形を変えて通り抜けられます。
赤血球は細胞の一種なので時間がたつと死にます。赤血球は、主に骨髄などで作られ補充されます。古いものは、主に肝臓や脾臓で破壊されます。

その寿命は約120日だといわれているそうです。

赤血球は1立方mm中に男性で約500万個、女性で約450万個前後だといわれています。

赤血球は骨髄で作られるといわれていて、造血幹細胞から分化して最終的に赤血球に分化し、全身に酸素を運ぶだけの機能しか持っていないと考えられています。そして、約120日ほどで寿命になって壊れてしまうというのが一般的に知られている知識です。
20080614120758.JPG




 

 「実は赤血球は骨髄では作られていない。腸で作られている」という説があります。
 これは、今は亡き千島喜久男先生が発表された理論です。あまりにも突拍子もなく、今までの理論を全て覆す力があったために、世の中に忙殺されてしまいました。しかしながらこの理論は多くの矛盾点を実に鮮やかに解決できる物で、否定できないところが多くあります。この理論のことを千島理論といいます。


 赤血球が骨髄で作られているということの矛盾点を列挙してみましょう。

々髄造血説では、手足を切断した人でも貧血にならないことが正しく説明できない。
 「五体不満足」を出版されている乙武広匡(おとたけひろただ)さんですが、手足が無く、大変不自由な体をしています。しかし彼が貧血で苦しんでいるかというとそんなことは全くありません。ガン患者で胃腸を切除した患者さんは血の気が無く生気がありません。

通常の状態で骨髄を観察すると脂肪組織しか見えない。

 毎日2000億個もの赤血球が作られているはずだがほとんど見つけることができないのはおかしい。

赤血球は毎日2000億個作られているといわれているが、骨髄組織の顕微鏡では細胞が分裂している像をほとんど見つけることができない。

 私が大学生の頃病理組織をいろいろと見ましたが、分裂途中にある像を見たことがありません。骨髄組織に限らず、全身の組織標本のどの切片にも分裂像を確認できませんでした。

 あらゆる組織は吸収と再生を繰り返します。胃の粘膜は3日間で入れ替わります。肝臓の96%は1ヶ月で入れ替わります。腎臓の約90%は1ヶ月で入れ替わります。小腸の微絨毛はなんと1日で入れ替わります。筋肉などは約60%が1ヶ月で入れ替わります。骨は約2年で入れ替わります。

 これだけ多くの細胞が入れ替わるのに分裂像が確認できないのは不可解なことです。

に萋2000億個近くの赤血球が破壊されているにもかかわらず肝臓や脾臓で壊れているという顕微鏡像を確認した人はいない。

 それだけ赤血球が壊れると溶血症の症状が現れてくるはずである。



変だと思いませんか。疑問を残したまま次回に続けましょう。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

幸せな考え方?


DR.辻田の非常識な健康法則    Vol.26

 ちょっと気になった話を書きます。

as_031.jpg

  メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも活きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。

 すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」


幸せって何でしょう。あなたは漁師のタイプでしょうか。旅行者のタイプでしょうか。今の時代、旅行者の方が現実的ではあります。しかし、漁師の方が人間らしい生き方に思えます。ちょっと考えさせられるお話でした。

以前の私であれば、幸せは十人十色でいろんな考えがあると思っていました。
金持ちで、順風満帆に仕事に打ち込んでいる人も、ある意味幸せなのかもしれません。貧乏でも愛にあふれた生活が幸せなのかもしれません。

心理学を勉強していくと、幸せとはそんな単純な物ではないことが分かってきました。


あなたは幸せですか。幸せかどうかを簡単に見分ける方法があります。


あなたは「幸せになりたい」と思っていますか。


思っている人。基本的にあなたは不幸な考え方をしています。

普通の考えでは「幸せになりたい」と思うのは当然かもしれません。しかし、「幸せになりたい」と思うことは、今現在、自分は不幸だと潜在意識では思っているのです。だから、不幸なのです。

幸せな人の考え方は、「今現在が幸せである」ということです。

人は自分が恵まれている状況にあるとき、その状況が恵まれているということになかなか気づくことができません。

たとえば、朝、起きて、食事をして、家族と団らんをすること。何気ない日々ですが、物が見えることがすばらしいことであり、食事をできることがすばらしいことであり、話をできることがすばらしいことなのです。そういった、普通にできることにまず感謝できなければいけない。

人生にはいろんな事が起きます。運命というべき物でしょう。運命は実は潜在意識がひっぱてくる物です。そして、チャンスという形で我々の目の前に現れてきます。
成功する人は、そのチャンスを見逃さずにつかむ人です。成功しない人は、そのチャンスがあっても気づかずに見逃してしまう人です。潜在意識の勉強をしていると、その潜在意識の力に驚かされます。

人生にはいろんな事があります。嫌なこともあったでしょう。嫌なことは、実は潜在意識が引き寄せた物だと思っています。だから、嫌なことがあっても、それが自分の成長の糧となっていることが多いと思いませんか。

考え方一つで運命は変わってきます。常に自分が幸せであることを意識すると、世界が変わってきます。その幸せを他人にもあげたくなってきませんか。

人と人とは潜在意識でつながりあっています。これはフロイトに並んで有名なスイスの心理学者であるカール・グスタフ・ユングが説明しています。潜在意識よりももっと深い部分、集合無意識という、個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域があると言うことらしいです。

難しいことを言ってしまいました。簡単に言うと、人と人とはつながりあっていると言うことです。

不幸な考え方をする人は、基本的には自分のことしか考えません。他人を蹴落としてのし上がっていくことを考えています。しかし、そういった考えは、自分の潜在意識を傷つけることになります。

自分を幸せにしたいなら、他人を幸せにすること。自分を犠牲にして他人を幸せにしろと言っているのではありません。他人の幸せが自分の幸せになるという考え方です。

言葉で表現するのは大変難しいのですが、人と人とはつながりあっています。
一人だけ幸せになろうとしても、他人は無意識のうちに引きずり下ろそうとします。これは、潜在意識の現状維持メカニズムによる物です。

一人だけでは幸せになれないのです。みんなで上がっていくようにしなければ幸せにはなれないと思っています。

ある程度、心理学の勉強をした人にしか分からない文章になったかもしれません。
今まで多くの自己啓発の本を読みました。確かに、心を奮い立たせられるのですが、あくまでも一時的な物で、自分を変えるという物はなかなかありませんでした。

自己啓発の本は、成功した人の考えを書いた本であり、我々成功していない人には受け入れがたい溝があります。その溝となる物が潜在意識だと思います。

自己啓発の本では、「目標を明確にしろ」とか、「紙に書け」とか、「とにかく行動しろ」とか書いていますが、成功していない人は行動することができないのです。

行動できるようになるには潜在意識を動かす術を知らなければいけないのです。

これ以上の話は、後日するかもしれません。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

食事の食べ換え


DR.辻田の非常識な健康法則  Vol.25

今回は食べ換えの話をしましょう。20080607122253.JPG

 健康になるためには食べるものを選ぶ必要があります。如何に体に負担をかけないような食事をするかが大切です。基本的には動物性脂肪は避けた方が良いでしょう。

 私のように、食いしん坊にとって、我慢することは不可能といえます。いかに我慢しないように食べるかです。

厚生労働省は回転することにより初めて安定するコマに見立てて食事バランスの図を示しています。



【主食(ごはん、パン、麺)】炭水化物の供給源としての位置づけを考慮し、ごはん、パン、麺等の主材料に由来する炭水化物を主体とする。

【副菜(野菜、きのこ、いも、海藻料理)】 各種ビタミン、ミネラル及び食物繊維の供給源となる野菜等を主体とする。

【主菜(肉・魚・卵・大豆料理)】    たんぱく質の供給源としての位置づけを考慮し、肉、魚、卵、大豆等の主材料に由来するたんぱく質を主体とする。

  →肉や卵はエネルギー効率があまり良くないため、疲れの原因となる。
 
【牛乳・乳製品】 カルシウムの供給源としての位置づけする。

    →カルシウム源にはならない。高タンパクなため、逆にそれを処理するためにカルシウムを必要とし、骨粗鬆症になりやすくなる。

【果物】ミカンやリンゴなどのくだもの。

    →デザート的な印象が強いが、人間に一番負担をかけない食事である。


私は以下のように提案します。

20080607122350.JPG





 健康になるためには、厚生労働省が推奨するようにバランスよく食事は食べてはいけません。地球上の生物の中で、バランスよく食事を取ろうとしているのは人間だけです。そして、その人間にだけ数多くの病気が発生しているのです。以前にも述べましたが、人間は草食動物です。肉は体に合っていないのです。

 いままで肉食をしてきている人はそれが習慣になっているため当たり前のことになっていると思います。習慣は21日続けると習慣になります。肉食も、はじめの3週間頑張ってやめることができれば以後も無理なく肉食をやめることができます。

そのために、まず、精神的に嫌なことを思い浮かべること。徹底的に肉が嫌いになるように本などを読んで心に焼き付けること。そして、やめるとどんな良いことがあるか、よくイメージをすることが大切です。

〈注〉これを書いた頃には知りませんでしたが、実は、潜在意識を利用すると比較的簡単にやせることが分かりました。現在自分自身で試しているのですが、効果覿面です。
この方法はおそらく健康法則の40近くで載せることになると思います。
興味がある方は、石井裕之の「心のブレーキの外し方」をお読みください。

 小腹が空いて、何かが食べたいとき、例えば焼き鳥が美味しそうに見えたとき、そのときはおにぎりを買うのが良いでしょう。キュウリ巻きなんかもなかなか良いです。油っぽい物がどうしても食べたいときはピーナッツなどの種子類が良いでしょう。甘栗などもちょっとしたときに良いかもしれません。基本は肉を避けることです。その代わり、果物や野菜、種子類等は全て大丈夫です。寝る前にどうしても何かを食べたくなった場合は果物がベストです。今は秋、果物は豊富にあります。

 肉食をやめるとどうなるかですが、私の経験からいえばほとんど疲れなくなります。そして、味覚に対してすごく鋭くなってきます。悪いものを食べるとすぐに体が反応して不調をおこします。アイスクリームは乳性食品ですが、やはり体には良くないようです。以前無性に食べたくなって、しばらく続けて食べる日々があったのですが、原因不明の頭痛が続くようになりました。アイスクリームを食べるのをやめると調子が良くなりました。肉を食べたときも何となく疲れる感じが出るためあまり食べる気はしません。

 以前は朝食を食べ、午前中仕事をし、昼は疲れが出て昼寝をして、午後に仕事をして、仕事が終了したら後始末をしてまた疲れが出て合間を見て寝ることが多かったようです。
疲れるからスタミナがつく物をと肉を食べ、頭がはっきりしないのでコーヒーを飲むなどの生活でした。
 現在では朝食は取らずに朝はゆっくりとして、午前中仕事が終わった頃食事がすごく楽しみになります。食後、30分ほど昼寝をして、午後の仕事をします。仕事が終了したら運動をするようにしています。1〜2時間ほど運動をしてから食事をするようにしています。夕食の時間が遅いのが気にはなりますが、朝食を取らないことで胃腸に負担をかけないようにしています。

 さらに健康に気をつけたい人できるだけ3白を避けましょう。3白とは、白米、小麦粉、白砂糖です。

白米は玄米を精米してできるもので、
玄米から果皮、種皮、胚芽、糊粉を除去した物です。20080607122501.JPG
玄米の胚芽部は、生命の宿っている最も重要な部分で、粗タンパク、類脂肪、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、各種ミネラルを含む天然の栄養の宝庫です。

果皮と種皮には、脂肪、タンパク質、セルローズ(繊維素)などが含まれています。セルローズは、それ自体は消化されにくいものですが、食物の消化吸収を助け、腸の働きを促進させ便秘を解消します。

糊粉層には脂肪、タンパク質、ビタミン類、ミネラルなどが含有されていて、完全栄養食品と言えます。ビタミンB1不足になると、気力が無くなって体がだるく、居眠りをしたりときどき、手足の先がしびれる等、いわゆる“かっけ”の症状が起きます

B2は、生長促進のビタミンで人間の発育に欠かせないもの。
B6は、抗皮膚炎ビタミンで、皮膚をいつまでも若く美しく保ちます。
また、ナイアシンには、ガンを抑制する作用があるとも言われています。
ビタミンEは、老化予防のビタミン。男女両性の生殖機能を維持します。
ビタミンFは、優れた不飽和脂肪酸で、脂肪の代謝をスムーズにします。

玄米はどうしてもという人は米屋で玄米を買って、生協などで7分づきで精米をするというのもお奨めです。精米器を買うのも良いでしょう。

小麦粉も同じ理由です。ただの小麦粉でできたパンよりも全粒小麦粉の方でできたパンの方が体に良いようです。

砂糖は、精製された砂糖があまり良くないようです。もし砂糖を選ぶのなら、色のついた砂糖、もしくは蜂蜜が良いでしょう。

白砂糖の害はvol.24で述べました。

 ジュースは止めましょう。水で十分です。どうしても飲みたい場合はお茶もしくは野菜ジュースが良いでしょう。水といっても水道水はあまり良くないです。アルカリイオン水がお奨めですが、水道水でなければミネラルウォーターや、純水(ピュアウォーター)が良いと思います。

 食事によって人は成長します。悪いものを避け、良いものを取って健康になりましょう。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

砂糖の害(白砂糖の害)


DR.辻田の非常識な健康法則    Vol.24

「砂糖」の害について話していきましょう。20080524003625.JPG

 歯医者で砂糖の話といえば虫歯の話だろうと思われますが、あまり虫歯の話はしません。虫歯は砂糖の害のうちのひとつです。

 砂糖は3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)のひとつである炭水化物の代表的な物であり、日本人は、必ず取らなければいけないような意識に縛られていると言っても過言ではありません。砂糖は麻薬です。正確に言うと、精製された人工的な砂糖は体に害になります。

 最近、犯罪の低年齢化が激しくなり、また、凶悪事件も多発しています。これもおそらく食事が原因です。

「ポッテンガーの猫」の実験があります。ポッテンガー博士(アメリカ)は、50年ほど前に猫を2組に分けて飼う実験をしました。一方の組には健全な餌を与え、他方の組には不健全な餌を与えて、三世代にわたって飼育実験をしました。すると、健全な餌で育てた組では二代目、三代目も健康な猫が生まれましたが、餌の組では二代目から肉体的不調や病気の多い猫が生まれ始めました。さらに3代目になると、体の不健康さや病気だけでなく、高いところから落としても足から着地できず、背中から落ちるなどの不器用さが目立ち、そればかりか、他の猫に意味もない敵意をみせる、飼い主にかみつくなど、精神的に異常な現象や行動を起こす猫が増えたとのことです。

 1945年に戦争が終了し、戦後60年になります。食事の西洋化が始まって約50年。今の子供達は戦後3〜4世代目になります。今の子供達はちょうどポッテンガーの猫の状態になってきているのです。統計的に凶悪な犯罪を犯している子供は、肉食やファーストフードをよく食べ、ペットボトルの炭酸飲料をよく飲むことが分かっています。精神的、肉体的に健全な子供を育てるにはできるだけ肉食、ファーストフード、ジュースを控えた方が良いようです。

 脳の栄養源はグルコース(ブドウ糖)だけといわれています。そのため砂糖をしっかり取ることが脳の発育に良いという誤った常識が日本には定着しています。
20080524003822.JPG


 実は砂糖が多ければ低血糖になり、脳はダメージを受けます。砂糖が多ければ高血糖になるように思われがちですが、高血糖になるのは一時的なことです。図を見てください。低血糖患者の血糖は摂取1時間後に高血糖状態になりますが、その後、糖が膵臓を刺激してインスリンが分泌されます。このインスリンが過剰に働きすぎるために4〜5時間後には正常な状態より血糖値が低くなってしまいます。
 
 正しい食事をしている間は膵臓に負担をかけないため問題ないのですが、糖分が多い食事をしているとインスリン分泌が激しくなり、膵臓の機能が落ちたときに初めて糖尿病としての異常値が出てきます。先日クローズアップ現代で「隠れ糖尿病」が放映されすごい反響がありました。
      
2006年5月25日(木)放送

あなたは大丈夫? 隠れ糖尿病
〜太っていないのに危険〜

国民病とされる糖尿病の患者数は、予備軍を含め1600万人に達する。その糖尿病の前段階は、いままで危険は少ないと考えられていたが、実はその段階で狭心症や心筋梗塞の危険性が2倍にもなる等、深刻な影響があることが分かってきた。筋肉の衰えとともに、食事で摂った糖がすぐ分解できなくなり、食後の数時間だけ高血糖状態になる、いわゆる食後高血糖である。食後高血糖は「隠れ糖尿病」とも言われ、肥満でもないため、健康診断でも見つけにくい。欧米では、糖尿病の危険ありと判定する血糖値(空腹時)を100に引き下げるなど、食後高血糖の早期発見につながる対策がすでに始まっているが、日本では、検査値の見直しなどの具体的な動きはとられていない。そんななか、自治体のなかには、独自の健診体制を作り上げ、隠れ糖尿病の危険を減らす試みに乗り出したところもでてきた。食後高血糖の現状と予防策を検証し、糖尿病対策の最前線をリポートする。




 定期検診で問題なしと診断されながら、実は膵臓の機能が低下した隠れ糖尿病の状態があるようです。

 食事をして血糖が上昇すると膵臓よりインスリンが分泌され、血液中の糖は肝臓や筋肉に取り込まれます。そして、血糖値が下がります。そして、運動により筋肉内の糖分は消費されていきます。しかし、適度な運動もしない場合、糖分が脂肪に変換されて沈着します。いわゆる霜降り肉状態です。この状態が続けば糖分が筋肉で消費できなくなってくるため血糖値が高くなってしまいます。この状態は筋肉病と言われています。そして、高血糖の状態が続くと血管内が障害を受け、動脈硬化が進んでいくことが知られています。


 5歳児で50%、10歳児で80%、動脈硬化が認められたというデータもあります。


 インスリンは血糖値をコントロールする唯一のホルモンです。また、インスリンの他の作用としては脂肪を燃焼させないようにする、糖分を脂質に変える、肝臓でのコレステロールの生産を促す等の作用があります。インスリンは出れば出るほど脂肪は燃えにくくなり、痩せにくい体になっていきます。以前、低インスリンダイエットというものがはやりました。痩せるために必要な考え方ですが、健康になるためにも必要な知識となります。インスリンをなるべく酷使しない食事は体にとってやさしい食事です。


20080524003935.JPG

参考文献

 キレない子供を作る食事と食べ方 今井光一
 HP クローズアップ現代



 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

肉食の害 その4


DR.辻田の非常識な健康法則      Vol.23

20080521114344.JPG

もう少し、肉食の話をしましょう。


 我々が食べている肉は健康な動物の肉でしょうか。私が思うに、ほとんどが病的な肉だと思います。肉食を普及させるために、肉の生産工場としての畜産業。そのため、牛などは普通に生活すれば20年以上生きることができるのですが、1〜2年で殺されてしまいます。
 
 牛の本来の食べ物は草で、繊維質の固い草や葉を消化するために胃袋は4つもあり、反すうしながらゆっくり消化します。

 ところが、早く成長させ早く肥らせ、より多くの乳を搾り取り、早く出荷し、より大きな利潤を上げようという経済効率主義は、このような牛の生理を無視します。トウモロコシ、大豆、大麦などの穀物を中心とした高タンパク高カロリーの濃厚飼料を大量に与えることによって、乳量と乳脂肪分が増大し、大きく育ちます。しかも、家畜にたべさせる穀物飼料の大部分は、海外からの輸入でまかなっています。特にアメリカでは遺伝子組み替えトウモロコシなどを大量生産し、それを飼料として販売しています。

 本来、草食の牛が、穀物や動物性飼料などを食べさせられるため、食べたものが消化せずに胃に滞る、異常発酵するなどの消化器病がまんえんすることになります。粉砕した濃厚飼料ばかり与えられていると、異常行動も起こりやすくなります。草を食むという習性が満たされないために、繰り返し口の回りをなめたり、柵や餌入れなどをひっきりなしになめ続けたりするのです。動物園でひんぱんに見られる野生動物の異常行動が、彼らよりもさらに狭い畜舎に閉じこめられている家畜たちに起こるのは、不思議ではありません。

 人間の手間暇を省き、餌の量を管理するために、牛たちの首はスタンチョンという首かせをはめられるか、短い綱で柱にくくりつけられます。こうなると首を回して振り向くのがやっとで体の向きを変えることさえできません。一定の位置に糞尿が落ちるので掃除がしやすいということになりますが、中には糞尿の掻き出しをいいかげんにしているため、床が汚れ放題の牛舎もあります。そこに牛が座るため、しっぽから下半身がどろどろ、それが下半身にこびりついて衛生状態も最悪です。また、コンクリートの床が滑って牛がころぶこともあります。糞尿のついたしっぽが搾乳のときにじゃまだというので、しっぽを切断する農家さえあります。また、大量の糞尿は畜産廃棄物として環境汚染を引き起こしています。

 こういった環境を人間で置き換えてみれば如何に恐ろしい状況か分かると思います。

 精神的にもまともでいられないでしょうし、肥満で運動不足、糖尿病、高血圧など典型的な生活習慣病。豚などは8割が病気を持っていると言われています。

 我々にとって高嶺の花である「霜降り牛の肉」。これは糖尿病により、筋肉に貯まったグリコーゲンが筋肉内で脂肪に変化した物です。「フォアグラ」は、がちょうの脂肪肝です。皮肉なことに病的な物ほど美味しいのです。グルメな人ほど早死にするわけです。


 肉食が好きだが、できれば肉はやめたい人も多いかと思います。
そういった人にお奨めなのは「もどき肉」です。野菜を肉のように加工した物です。

 一般の店で売られていないのでなかなか手に入れられませんが、現在はインターネットを通して手に入れることもできます。
私がよく利用しているのは三育フーズです。

三育フーズホームページ

20080521115911.JPG三育 グルテンミート 200g\273(税込)商品番号:S116041H発売元:三育フーズ   
「三育 グルテンバーガー」は、ノンコレステロールの植物性たんぱく食品です。小麦と大豆に本醸造しょうゆ、植物油脂、酵母エキスを加え、ひき肉状に加工したもので、和、洋、中いずれにも料理の素材として自由に味付けができます。
大豆蛋白は卵・牛乳に匹敵する、良質の蛋白を持つことが国際的機関FAO、WHOで認められています。美容を心がけている方、菜食の方のヘルシーな毎日の食卓作りにお役立てください。卵白以外は、すべて植物性の原料のみで作りました。動物エキス、人工着色料、酸化防止剤、保存料等は一切使用しておりません。


20080521120111.JPG三育 ベジタブルミートソース トマト味\262(税込)商品番号:S112380H発売元:三育フーズ 
 
「三育 ベジタブルミートソース トマト味」は、温めてスパゲティーにかけるだけですぐ食べられる、トマト・ミートソースタイプの食品です。小麦たんぱくを主材料にニンジン、たまねぎ、マッシュルームをトマトケチャップでじっくり煮込んだマイルドタイプのスパゲティーソースです。
動物性油脂、肉エキス、肉フレーバー、アミノ酸系の化学調味料は一切使用しておりません。リン酸塩等の食品添加物も使用しておりません。美容と健康を心がけている方、菜食の方のヘルシーな毎日の食卓作りにお役立てください。
 

20080521120336.JPG
  三育 トマトソース野菜ハンバーグ\210(税込)商品番号:S112230H発売元:三育フーズ
 
 「三育 トマトソース野菜ハンバーグ」は、低コレステロール(1mg)の植物性たんぱく食品です。大豆にたまねぎ、キャベツをたっぷりと使ってトマトソース味に仕上げました。
大豆蛋白は卵・牛乳に匹敵する、良質の蛋白を持つことが国際的機関FAO、WHOで認められています。美容を心がけている方、菜食の方のヘルシーな毎日の食卓作りにお役立てください。卵白以外は、すべて植物性の原料のみで作りました。動物性油脂、肉エキス、肉フレーバー、アミノ酸系の化学調味料は一切使用しておりません。


 ひょっとしたら値段は高くなっているかもしれません。穀物高の時代に入りました。
だからといって肉が安くなるわけではありません。動物自体が穀物を消費しているのですから。肉の値段も異常に上がっていくでしょう。穀物高は畜産動物に穀物を与えているから起こるのです。肉を食べるのを減し、その分を人間の食事に回すことができればどれだけ飢餓で苦しむ人々を助けることができるか。考えたことはありますか。
 


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

肉食の害 その3


DR.辻田の非常識な健康法則      Vol.22

さらに肉食を嫌いになってもらいましょう。20080520101210.JPG

 日本で牛の全頭検査を行っていますが本当に大丈夫なのでしょうか。狂牛病の原因は異常プリオンというタンパク質が原因です。全頭検査ではそのプリオンがあるか無いかを調べているのではありません。0か1ではないのです。100か10000かを調べるようなものです。100だと感知しないが、10000だと感知するというような試薬を使うのです。そして感知しないものを安全としているのです。100もあるものが本当に安全なのでしょうか。プリオンは経年的に蓄積していきます。

 日本では食牛の目安として20ヶ月を言っています。生後約1年半で肉牛は食用にされるのです。1年半なので、蓄積の度合いが少ないうちに解体されていることになります。

 プリオンの感染性が検出されている組織は、中枢神経組織、回腸遠位部、網膜、骨髄ですが、これらの検出にはマウスが使用されていて、検出感度は牛の1000分の1程度といわれています。検出されないこととプリオンが存在しないこととは同じではないのです。食用としている筋肉にも神経が行き渡っているので完全に分離することはできません。

 狂牛病が起こった原因は牛に肉骨粉を食べさせたためと言われています。牛は本来は草食動物です。しかし人間は、牛を食用とし、効率よく生産するために高カロリー食品を与え、牛の死骸までも食用として使い、太らすために運動をほとんどさせず、病気にならないように抗生物質を食料に混ぜ、さらに成長ホルモンまで打って、生産してきたのです。そして、狂牛病の症状で死んだ牛まで飼料として与えたために爆発的に狂牛病が発生したのです。イギリスで狂牛病が発生し、その牛の死骸でできた肉骨粉は様々な国に輸出されました。農水省は当時日本には輸入されていないと言っていましたが、イギリスの記録では333トン輸出されていると記されていました。実際は骨粉という形でイタリア、香港経由で十数万トン輸入されていることが判明しています。EU諸国ではその後肉骨粉での輸出が禁止されましたが、肉骨粉が工業用燃料として輸入が続いていた事実もあります。

 日本では肉骨粉の使用が禁止されました。しかし、肉骨粉を使用したからといって取り締まりや罰則はまったくありません。そういった規制が全くないなかで、本当に肉骨粉が使用されていないと言えるでしょうか。赤信号だから渡るなと言っても渡る人は世の中にたくさんいます。飲酒運転をしても見つからなければOKという人はいつまでも無くならないものです。日本人のモラルは既に無くなっています。自分を守るのは自分しかないのです。

 2001年に牛の全頭検査が始まって、1次検査(エライザ法)でクロと判断したものが、慎重を期して2次検査(ウェスタンブロット法)をおこないシロと発表しなおしたことがあります。シロと発表しなければ消費者がパニックを起こす可能性があったためです。武部、坂口両大臣は与党約200人の国会議員で牛肉を大いに食べる会を開催し、牛肉ステーキをパクついてみせ、内外の失笑を買いました。農水省と厚労省は全頭検査によってもう日本の牛肉は安全と、「安全宣言」を出してしまいました。狂牛病の本家であるイギリスでさえもいまだに安全宣言は出していないのです。パニック発生から1ヶ月あまりの安全宣言に世界中が失笑、あきれ果てています。そんな日本を本当に信じますか。最近狂牛病が発見されなくなっています。それは明らかに危険と思われる牛を検査しないようにしているためです。狂牛病が見つかっては困るためです。そして、検査には牛の延髄のかんぬきといわれる部位をもちいることになっているのですが、(かんぬきといわれる部位が一番プリオンが蓄積すると言われている)農水省はこのかんぬきの部分を使っての検査をせずに他の部位を使うように指示していたことも分かっています。理由として、クロと判断しないようにして国民にパニックを起こさせないためです。

 現在、アメリカからの牛肉の輸入が禁止されていますが(2005年当初)、アメリカでは牛肉の輸出量は変わっていません。日本に輸出する分がメキシコになっているのです。そして、メキシコから日本に輸入されていると言われています。
 全ての牛肉が悪いとは言いませんが、危険を冒してまで食べるものではないと思います。値段が安い物には安い物なりに理由があるのです。本当の知識があればどのように行動するかは自ずと決まります。



         【世界のベジタリアン状況】

cc_usa.gif     アメリカ

 人口の5%、1,500万人が菜食主義者。健康面や東洋文化に関心を持つ人が菜食を始めている場合が多い。年々若年層によるベジタリアンが進んでおり、現在のティーンエイジャーの4分の1がベジタリアンである。 
 
cc_england.gif   イギリス
 ベジタリアン発祥の地。1847年にはキリスト教が「イギリスベジタリアン協会」を発足させ、ベジタリアンレストランが多く見られる。 
 



cc_india.gif    インド
 牛が神の化身と考えるヒンズー教の教えにより、牛はもちろん、肉類はほとんど食べない。また人口の60%が厳格なベジタリアン。 
 

cc_thailand.gif    タイ
 仏教徒が多いので精進料理がさかん。菜食料理店が多い。
 




cc_vietnam.gif     ベトナム
 仏教徒が多いので精進料理がさかん。菜食料理店が多い。
 
 


cc_taiwan.gif台湾
 人口の6〜9%(150〜200万人)がベジタリアンで素食料理店が充実しており、肉の代用として開発された植物性の素材を使った台湾素食の技術と味は世界でもトップレベル。 
 

cc_china.gif中国
 モンゴル・日本・欧米などの侵入により菜食文化は衰退し、現在は牛肉の消費量がここ20年で20倍近くになっている。 
 


cc_korea.gif    韓国
 動物を余すところなく食べられていましたが、2002年、健康のために菜食の特集をメディアが取り上げたためにベジタリアンが急増中。 
 

cc_jpn.gif   日本
 明治維新までは玄米穀菜食中心の文化だったが欧米に習い、現在では輸入による畜産動物肉の消費はトップクラス。飲食店に使われるほとんどの食品には動物性のものがつかわれており、ベジタリアン文化に対する認識度はとても低い。



参考文献
狂牛病と台所革命兇海凌品だったらお金を出したい 船瀬俊介
新版 ぼくが肉を食べないわけ ピーター・コックス
HP 菜食のすすめ


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

肉食の害 その2


DR.辻田の非常識な健康法則       Vol.21

20080516190617.JPG


 肉食ですが、焼き肉はおいしいですね。おいしいからこそ、そこには罠が隠されているのです。肉はどうしておいしいのでしょうか。

 実は、肉の味はオシッコの味なのです。

 肉を食べると肉の中にある尿酸が尿素に分解します。分解するときに興奮する物質を出します。それにより力が出るような気がするのです。この言葉で私は肉を食べる頻度が少なくなりました。現在では肉はほとんど食べなくなりました。


 タンパク質を摂取しようと思えば肉を思い浮かべますが、肉がタンパク質に分解するのには大変な労力を必要とします。動物性のタンパク質を分解して、アミノ酸にして、そこから再合成してタンパク質を作っていくわけですが、実は十分に分解できずに腐っていくものの方が多いのです。肉は腐りやすく吸収効率が悪いのです。植物性のものの方が分解しやすく、アミノ酸も多く含まれているため効率的にタンパク質を合成することができます。

 人間の体において、脂肪はどのような役割をしているか知っていますか。

 食料があまりなかった時代には燃料の貯蔵庫としての役目が大きかったでしょうが、現在では食料が過剰になりすぎて、脂肪が邪魔者扱いになっています。脂肪組織は脂肪を蓄えるだけではなく体中の有害物質を蓄えて、体に回らないようにしています。そのため、人間は少々悪い食事をしていてもすぐに病気になったり死んだりすることがありません。人間が雑食であると勘違いされる所以です。病的な状態になっても症状が起きにくいのです。この状態を「未病」といいます。

20080516190702.JPG


 肥満の体型として「リンゴ型」と「洋なし型」の話を聞いたことがありますか。リンゴ型は内臓脂肪型のタイプで脂肪が体中を巡る傾向にあり、有害物質も体内を巡りやすくなっています。そのため、心臓病や糖尿病など生活習慣病になりやすいタイプといえます。洋なし型は皮下脂肪型のタイプで体内ですが、比較的隔絶された状態にあります。見た目は悪くなりますが、内臓脂肪型よりは良い状態にあるといえます。

 減量のために脂肪吸引という方法がありますが、実は大変危険な方法です。脂肪吸引により脂肪組織がなくなると、有害物質を貯蔵する組織がなくなるため、体中に有害物質が蔓延してしまいます。有害物質が血管に貯まると動脈硬化、心臓に貯まると心筋梗塞などが起こります。

 「未病」の状態の人は自分が健康であると思っていますから食事に気をつけることがあまりないです。病気が出るまで悪くならなければ気がつかないのです。医者は病気の専門家で健康については知らない人が多いです。

 「肉食」が悪いことは知っているかもしれませんが、肉食をやめろという医者はほとんどいないのが現実です。肉食をやめることにより病気が治ったとしても医者は売り上げを上げることができません。売り上げを上げようとすれば食事指導をせずに薬だけを出した方がいいのです。食肉業界も売り上げが下がると大変なことになります。農林水産省などの政府は天下り先がなくなってしまうので困ってしまいます。

 悪い言葉で言うと、国民に病気があることが社会のためであり、そのことによって社会が成り立っているのが現在の状態なのです。だから、本当の知識が出てくると圧力によってもみ消されてしまうのです。本当に嫌な時代です。あなたはそういった社会のために体を悪くして奉仕しますか。それとも食生活を改善して自分のために生きますか。どちらを選ぶのも勝手ですが、私は後者を選びます。

参考文献 成功の9ステップ ジェームス・スキナー著


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています