辻田歯科医院

運動の仕方



DR.辻田の非常識な健康法則   Vol.18

 今回は運動の仕方について話しましょう。20080509085133.JPG
 よく医者に健康のために運動をしましょうと言われますが、運動の仕方について説明を受けるのはほとんどないと思います。

運動にもやり方に種類があります。

 ゞ變呂鬟▲奪廚垢襪燭瓩留親
 ∋號辰鯒馨討気擦襪燭瓩留親
 瞬発力を高めるための運動。
 じ従を維持させるための運動。
  (リハビリ)


 普段の生活で大事なのは,鉢△任后1親袷手で記録を出すような人はが必要でしょう。年齢があがって筋力が落ちている人には軽い運動も必要でしょう。

 今回はゝ擇哭△砲弔い届辰靴燭い隼廚い泙后

 前回話しましたが、脂肪を燃やしやすい体を作れば体が疲れなくなります。また、免疫力が上がり、病気になりにくくなります。脂肪を燃やすには脂肪を分解する酵素を増やす必要があります。効果的に酵素を増やせば効果的に脂肪が燃えやすくなります。

 エアロビクス(aerobics)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「エアロビクス」とは「酸素とともに」という意味です。有酸素の運動だけが脂肪を燃やす運動なのです。

 効果的に運動するためには、体内で何が起きているのかを知る必要があります。実は、運動をしている最中に脈拍を測ることによって体が何を燃料として新陳代謝しているかを知ることができます。そして、それによって運動量をどう調整すればいいかが分かります。これを行うために、まず知らなければならないのはあなたの最大心拍数です。最大心拍数に影響を及ぼす唯一の要因は年齢です。最大心拍数は220から自分の年齢を差し引けばだいたい分かります。40歳の人であれば220−40=180、30歳なら、190となります。

    (最大心拍数)=220−(自分の年齢)

 次に効果的に脂肪を燃やす運動プログラムについて話しましょう。

〆蚤膺看鐃瑤糧省で10〜15分ウォーミング・アップをする。

 普段血液中に流れている遊離脂肪酸の量はしれています。いきなり運動を始めると、遊離脂肪酸は燃え尽きてしまい、糖質しか燃焼するものがなくなってしまうのです。そして、糖質を燃焼すれば血糖値が低下し、疲労を感じ始めます。身体は糖質を使い果たしてしまうと最後のエネルギー源としてタンパク質に目を向け始めます。その結果、免疫体系が破壊され、ホルモンのバランスが崩れてしまったりします。
 ウォーミング・アップをしていると、トリグリセリド(体脂肪)は、遊離脂肪酸に分解され、血液の中に流れ込みます。そして、それが運動するための豊かなエネルギー源になります。


⊆,忘蚤膺看鐃瑤裡僑機腺牽機鵑糧楼呂韮横亜腺苅喫間運動をする。

 この65〜85%というのがもっとも大事なところです。20080509085148.JPG
40歳の人なら122〜153。
30歳の人なら123〜161になります。

 心拍数を85%以上に上げた場合、脂肪燃焼酵素がストライキを起こし、脂肪燃焼がぴたっと止まってしまいます。このときは、糖質しか燃えなくなるのです。すると、疲労感を覚え、糖質が不足し、タンパク質が燃え、病気になりやすくなります。

 心拍数が65〜85%の間は不思議なことに脂肪ばかり燃焼して、糖質は全く燃焼しません。つまり疲れないのです。さらに、このゾーンで運動を続けていると、身体は脂肪を燃焼させる酵素を作り始めます。この酵素が増えれば毎日の生活においても脂肪を燃やしながら生活できるようになります。つまり、普段から疲れなくなるのです。


 この酵素を増やそうと思えば、週に3回以上運動する必要があります。3回未満だと身体は脂肪を燃焼させる酵素を作り出そうとはしない。週に1回運動してもダメなのです。楽して酵素は増えないのです。

 効果的に運動したい人は脈拍計(ハートレートモニター)を買いましょう。もしくは脈拍が測れる環境で運動をしましょう。 心臓病、糖尿病、ガンなどの病歴がある人は、医師と十分に相談した上で運動を始めてください。

 息切れをしたら、スローダウンをするか、運動を中止してください。息切れをするということは有酸素運動のゾーンを越えている証拠です。

 初めのうちはすごくゆっくりなジョギングかもしれません。ウォーキングでも良いのです。そのうち酵素が増えてきて動けるようになってきます。

 以上は「成功の9ステップ」を参考にしました。私が一番影響を受けた本です。この方法を実際に行い、減量することができました。興味のある方は是非とも読んでみてください。


 私の場合、はじめは犬の散歩をしながら公園まで軽くジョギングから始めました。そのうち、疲れなくなっていることに気づきジョギングする距離が長くなりました。体重も月に5kgずつ下がっていきました。精神的にもすがすがとした高揚感があったと思います。ジョギングだけでは物足りなくなり、現在ではスポーツジムに通うようになっています。

 スポーツジムでは脈拍が測れる運動器具が設置されているので、効果的に有酸素運動を行うことができます。また、風呂も付いているのですごく気持ちいいです。有酸素運動以外にも筋力トレーニングも効果的にできます。筋力トレーニングについては後日話したいと思います。


 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています